联系方式

地 址:北京市海淀区中关村大道27号中关村大厦9层
电 话:010-82667227
传 真:010-82668268
邮 箱:

咨询留言

企事业单位培训

您现在的位置:首页 > 课程模块 > 企事业单位培训
2013年度日系企業に向け”中国文化及び企業法律戦略”研修コース
作者:北京大学法学院培训中心 发布于:2013-3-15 10:55:10 点击量:

 

申込方式:企業団体或は個人

 

内容詳細ダウンロード    申込書ダウンロード

 

前書き

    日本企業は中国で進出して投資する歴史が30年あまりにいたり、今まで2万2000軒以上となりました。日本は中国の最大の貿易相手国の一つになりました。しかし、企業の運営過程において、中日文化の差異や日本側役員に慣れてない中国法などの要因は、様々な紛争を起こして企業の順調的な発展に足を引っ張っています。

    そのために、北京大学法学部や法学部研修センターは、最大の努力のすえ、自分の資源のメリットを利用して、各方面の専門家や学者を迎え入れて、特に「日系企業の幹部に対する中国文化及び基礎法律知識」シリーズの教育課程を主催しています。先生らは具体的な事例などについての説明を通じて、中国での日系企业の顺调的な発展のために、両国の民間友好往来と交流を促進しながらも、企業間に人事交流の舞台を張られ始めます。

    2012年の9月8日、法学部研修センターは、史上初めて日系企业に対する文化講座を主催したことで、日系企業の法律的なニーズをよりいっそう具体的に把握してもらって、貴重な経験となりました。企業の実際的なニーズをもとにして、我々は今回の講座の足りないところをを総括したすえに、以下のシリーズの法律課程を設けられています。具体的な事例などについての説明のほかに、受講と講師の間の会話や受講生の互いの間の交流も増えました。

     また、中国での日系企业の日本側の管理者は、このシリーズの教育課程を通じて、、中国文化や社会的な特性及び関連常識的な中国法律法規や政策を理解して、大きな成果を収穫できます。それに、作業中に従业员の仕事状况を理解し、ある程度で各种の紛争の発生を減少して、日中合作双方、企業労使双方の協力関係より良くなることに、各企業がスムーズに発展することに、役を立つことができます。

   日系企业に対する第一回の文化講座が顺调的に開催されることは、中国日本商会の全面的な支持にかかっています。ここでは、特に中国日本商会に心から感謝しております。

 

研修課程内容の概要

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

第一講「中国文化と企業文化」

 本講は主に中国の儒教文化や文化の基盤に建てられた中国人の考え方とスタイルを紹介します。どうやって中国の社员とスムーズ的に交流して、従业员の潜在力を発挥させると共に、仕事の効率を向上させるなどということを理解してもらえます。その一方、どのように中国や日本の文化を結合して自分的な企業文化を作ることも紹介します。

 

第二講「企業の労務問題——労働法」

 本講は「労働法」の主な条項を詳しく説明します。労働契約の締結、解体と履行の中にさまざまな注意すべきの問題を企業の管理者に理解させます。労使紛争を有効的に減少します。と同時に、企業の社会保障などの関連問題を解読します。

 

第三講 「外商投資企業法」と「会社法」

 本講は主に、外商投資企業を対象にして、投資する時注意すべきキーポイント、特に会社投資のリスク管理や株主権益のリスク管理を説明します。会社の設立、解散と清算の要点を詳しく解説します。それに、中国法律の頻々的な変更、地方によって法律施行の中の差異などの問題をめぐって対応戦略を説明します。

 

第四講 「知的財産権保護法」

 本講は、実例を通じて、中国の知的財産権のシステムや権利侵害に遭う時はどうやって訴訟を推進するかなどの重要な問題を説明すると同時に、これからの知的財産権法の施行トレンドや立法方向を分析する上で、法律の角度から、技術標準の中にある知的財産権の反独占と特許戦略を提示します。

 

第五講「税務法」

 本講は、「税務法」の中にある企業にとっての適用原則や重点条項を解読するとともに、実例を通じて、外商投資企業所得税、個人所得税と在中外国人個人所得税の要点を説明する。新税務法の外資企業に対する優遇措置や今後の発展傾向を分析します。それに、企業の財務リスク管理にアドバイスを提供します。

 

第六講「市場競争政略」

 本講は、企業管理の角度から、中国の経済情勢を分析した上で、外資企業に競争環境と競争情報分析の参考方法を提供します。今の中国経済環境や経済理論の指導によって競争戦略を説明します。戦略、戦術などの角度から、外資企業がどうやって自分的な競争優勢を作るのかを解読します。

 

第七講 「企業融資問題」

 本講は法律の角度から外資企業の融資の重点と難点、例えば、持分、債権などの融資方式条件、コストと税務処理を分析します。それに、外資企業の融資についての法律規則、それぞれの融資方式やその税務リスクを説明します。

 

第八講「物権法」

 本講は「物権法」の‘物’の基本概念、’‘物権法定原則’、‘物権公示原則’などの一番重要な基礎知識。「物権法」の裁判や仲裁実例を通して、‘物権法’に影響されている外資企業の生産と経営を説明したうえで、指導的なアドバイスを提供します。

 

第九講 「契約法」

 本講はお主に、「契約法」の基本原則や一部の重要条項を解説します。様々な実例を通じて、契約の締結、履行や証拠などの法律リスク、外資企業が契約を締結している時に注意すべき問題を具体的に解説する。

 

 本内容概要は研修課程の一部だけで、実際の研修内容はこれより広がります。それに、参加者の気に入る問題が課程で解説されていない場合は、交流する時間に講師に聞くことができるのです。

 

お問い合わせ

 電話:(010)82668266 内線 189 

 E-mail:weiwu_weiwu@163.com

 

詳しくは内容詳細をダウンロ—ドしご参考ください。

申込書をダウンロ—ドしてください



技术支持
点击这里给我发消息
产品咨询
点击这里给我发消息
项目咨询1号
点击这里给我发消息
项目咨询2号
点击这里给我发消息